TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。

【読書】『ちょっと今から仕事やめてくる』 著 北川恵海

本日2冊目のレビューです。

今年5月に映画も公開された本作品。

ずっと前から読みたいと思っていましたが、

先日書店で、ときめいて買いました。

本はときめいたときに買うのが一番ですね。

その本が輝いて見えるのです。なんとなく手に取って買ってみたときは、

積読になってしまう可能性が高いです。

 

 

amazon内容紹介より引用)

この優しい物語をすべての働く人たちに

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。
同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。
なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――
働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける"すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー"

 

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

スカッとできて、のところがなんだろう?って思っていましたが、

読み終わって納得。たしかにこれはスカッとできて、最後は泣ける作品でした。

読後感は良いです。

 

関西弁のヤマモト、軽い口調が重い状況を軽くしてくれます。

ニカっと笑うヤマモト、映画の配役が福士蒼汰なだけあって、

福士のニカっとした笑顔を思い浮かべながら読みました。(注:映画は見ていません)

 

予想に反した最後の展開でした。

いい意味で、お~そういうことか、と。

ページ数も少なくて読みやすいし、ヤマモトのおかげで気楽に肩の力抜いて読めます。

でも軽いだけではないです、メッセージ性のある作品だったなと思います。

すっっっばらしい作品でした(カホコ風)

【読書】『マスカレード・ナイト』 著 東野圭吾

ようやく資格試験も終わったので、

久々に書籍レビューとまいりましょう。

 

1発目は9/15発売の東野圭吾さん最新作、

そしてマスカレードシリーズの第三弾、

『マスカレード・ナイト』です。

 

マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

 

 

amazon内容紹介より引用)

 

累計265万部突破 「マスカレード」シリーズ最新作

若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

新田刑事と山岸尚美のコンビが戻ってきた!

そう思われた方も多いのではないでしょうか。

このシリーズは二人の軽快な会話のやり取りが魅力であり、

またその周辺のキャラクターが個性的で、

仮面をかぶったお客様がたくさんいたり、

ホテルのおもてなしがあったり、

非常に読んでいて楽しめる、

そして読みだしたら止まらない、

そんなシリーズです。

 

最新作もまさにその期待を裏切らない、非常に楽しめる作品でした。

 

今回は警視庁に密告状が届きます。

大晦日のカウントダウンに行われるホテル「コルテシア東京」の

仮装パーティに犯人が現れる、これが密告状の中身です。

 

となればもうお分かり、第一弾と同じく新田刑事が潜入捜査官として

選ばれまたホテルのフロントクラークとして立ち振る舞うわけです。

この時点でわくわくしてしまいますね。

この先は秘密です。本を読んで楽しんでください。

密告者はなぜこのような密告という方法を取ったのか、

そして犯人は?

本編を読んで是非楽しんでくださいね。

ITILファンデーション試験

お化粧の試験みたいですね、って友人から言われました。

たしかに。

 

先日ITILファンデーション試験を受験し、

合格しました。

しかも満点でした。

ITILInformation Technology Infrastructure Library)とは

ITサービスマネージメントのベストプラクティス集です。

成功事例をまとめた書籍で、

システム運用のフレームワークです。

 

勉強法を公開します。

まずはITIL自体がそもそも初めてだったので概要をつかむため

以下の書籍を読みました。

 

・新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

 

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

 

 

小説形式になっているので読みやすいですし、

イメージしやすいです。

 

これだけでは足りないので、次は参考書。

ITILでは黄色本と白本が基本ということのようなので、

本屋に行って、自分は白本を選択しました。

見やすさ読みやすさ優先です。

こちらのほうが見やすい印象でしたので。

結果正解でした。とても読みやすくまとまっていました。

ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応

 

ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応-

ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応-

 

 

そして最後は問題集。

絶対に1発合格しないといけない状況でしたので、

クラムメディア問題集という有料のクラウド問題集を購入しました。

こちらはPC、そしてスマホで利用できるので、

通勤中や、ちょっと疲れて寝ながら勉強したいとか、

そんなときに活躍してくれました。

スマホ慣れしている方はスマホ版のほうがやりやすいかもしれません。

 

的中率がすごいとネットで書いてありましたが、

本当にその通りで試験での的中率がすごかった。

9割以上は的中していたのではないでしょうか。

 

他にも無料の問題集サイトがあるようですが、

どうしても1発で合格したいという方は

クラムメディア問題集を使ってみてはいかがでしょうか。

 

クラムメディア | ITIL EX0-117 資格問題集 - ITIL 問題集

ブログ開設1周年記念日

ブログ開設1周年記念日のようです。

はてなブログさんからメールきました。

 

記念日なので久々に記事残します。

と言ってもこの1年ほとんど記事書けなかったですね。

 

つい最近、書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」という

本好きの方が集まるSNSに招待いたいだいたので

本日より活動を開始しました。

レビューを読んだり、レビューを書いたり、書くとポイントがたまって

昇級したり。

今日だけで4級→3級に昇級しました!

 

献本というサービスもあるようで、

抽選で選ばれれば無料で本をいただいて、

その本のレビューを投稿する仕組みのようです。

工夫されていますね。

今度面白そうな本があったら応募してみようと思います。

【読書】『素敵な日本人』 著 東野圭吾

 

素敵な日本人 東野圭吾短編集

素敵な日本人 東野圭吾短編集

 

  (amazon内容紹介より引用)

内容紹介

短編も、東野圭吾。規格外のベストセラー作家、死角なし。

登場する人物がどこか知人に似ていたり、あなた自身にも経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり、読み心地はさまざま。ぜひ、ゆっくり読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。

内容(「BOOK」データベースより)

たとえば、毎日寝る前に一編。ゆっくり、読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。読書の愉楽を、存分にどうぞ。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

久々に興奮してすぐさまブログに残したくなりました。

3/30に発売されたばかりの東野圭吾最新の短編集。

東野圭吾らしい作品で9編それぞれに面白みがある。

 

ネタバレにならない程度に一言で感想を述べる。

 

正月の決意→最後のメッセージ受け取りました!

10年目のバレンタインデー→ファンになっちゃう!

今夜は一人で雛祭り→ふむふむ。

君の瞳に乾杯→まさかの!

レンタルベビー→まじか!

壊れた時計→なるほど。

サファイアの奇跡→いいお話。

クリスマスミステリ→ちょっと凝りすぎたか。

水晶の数珠→良作!

 

個人的には、

10年目のバレンタインデー、水晶の数珠、サファイアの奇跡、レンタルベビー、正月の決意がお気に入りです。

お気に入り多い。

 

最近落ち込んでいてもやもやもやしてた気持ちが吹っ飛びそうです。

東野圭吾さんありがとう。

読書って素晴らしい。

無題

 

100人の中の独りより

 

2人の中の独りより

 

1人の中の1人でいたい

つらいとき

 

 

がんばれー。

 

負けんなー。

 

力の限りー。

 

って声が頭の中に流れてきます。

 

ふと、これなんだっけって調べたら

 

笑う犬の冒険の小須田部長のフレーズでした。

そう言えばそうだった。

 

 

 

 

 

 

いつからだろう。

 

 

 

 

 

知らないうちにこの言葉が

自分を鼓舞するようになったのは。