TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。

ブログ開設1周年記念日

ブログ開設1周年記念日のようです。

はてなブログさんからメールきました。

 

記念日なので久々に記事残します。

と言ってもこの1年ほとんど記事書けなかったですね。

 

つい最近、書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」という

本好きの方が集まるSNSに招待いたいだいたので

本日より活動を開始しました。

レビューを読んだり、レビューを書いたり、書くとポイントがたまって

昇級したり。

今日だけで4級→3級に昇級しました!

 

献本というサービスもあるようで、

抽選で選ばれれば無料で本をいただいて、

その本のレビューを投稿する仕組みのようです。

工夫されていますね。

今度面白そうな本があったら応募してみようと思います。

【読書】『素敵な日本人』 著 東野圭吾

 

素敵な日本人 東野圭吾短編集

素敵な日本人 東野圭吾短編集

 

  (amazon内容紹介より引用)

内容紹介

短編も、東野圭吾。規格外のベストセラー作家、死角なし。

登場する人物がどこか知人に似ていたり、あなた自身にも経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり、読み心地はさまざま。ぜひ、ゆっくり読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。

内容(「BOOK」データベースより)

たとえば、毎日寝る前に一編。ゆっくり、読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。読書の愉楽を、存分にどうぞ。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

久々に興奮してすぐさまブログに残したくなりました。

3/30に発売されたばかりの東野圭吾最新の短編集。

東野圭吾らしい作品で9編それぞれに面白みがある。

 

ネタバレにならない程度に一言で感想を述べる。

 

正月の決意→最後のメッセージ受け取りました!

10年目のバレンタインデー→ファンになっちゃう!

今夜は一人で雛祭り→ふむふむ。

君の瞳に乾杯→まさかの!

レンタルベビー→まじか!

壊れた時計→なるほど。

サファイアの奇跡→いいお話。

クリスマスミステリ→ちょっと凝りすぎたか。

水晶の数珠→良作!

 

個人的には、

10年目のバレンタインデー、水晶の数珠、サファイアの奇跡、レンタルベビー、正月の決意がお気に入りです。

お気に入り多い。

 

最近落ち込んでいてもやもやもやしてた気持ちが吹っ飛びそうです。

東野圭吾さんありがとう。

読書って素晴らしい。

無題

 

100人の中の独りより

 

2人の中の独りより

 

1人の中の1人でいたい

つらいとき

 

 

がんばれー。

 

負けんなー。

 

力の限りー。

 

って声が頭の中に流れてきます。

 

ふと、これなんだっけって調べたら

 

笑う犬の冒険の小須田部長のフレーズでした。

そう言えばそうだった。

 

 

 

 

 

 

いつからだろう。

 

 

 

 

 

知らないうちにこの言葉が

自分を鼓舞するようになったのは。

【読書】『陸王』 著 池井戸潤

 

陸王

陸王

 

 (amazon内容紹介より引用)

 

勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。

埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。
社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか? 

 

 ✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

あけましておめでとございます。

 

本年初読みは池井戸潤さんの『陸王』です。

昨年発売された新作です。

 

経営者としての、そして会社と社員の未来を背負う社長としての

挑戦、葛藤、苦悩、そして決断。

 

非常に面白かったです。

 

ビジネスパーソンとしても、ビジネスシーンの中で直面する

それらと重ねて読んだ方も多いのではないでしょうか。

 

昨年末に読んだ池上彰さんの『伝える力』の中で

小説を読むメリットとしてこのように書かれていました。

 

読んでいるうちにどんどん惹き込まれて、自分が主人公だったらどう考えるか?いかに行動するか?といったことを考えながら読み進めることが多いと思います。

ー中略ー

あなたにとって直接体験することではないけれども、さまざまな状況が設定されているために、そこでどう判断すべきか、そのつど考えることができます。

小説をたくさん読むということは、このシミュレーションの数がそれだけ増えるということです。

 

まさにこの池井戸潤さんの作品は、このシミュレーションの数を増やしてくれる、

素晴らしい作品だと思います。

池井戸潤作品、過去のももっと読んでみたくなりました。

 

『陸王』はこの、箱根駅伝ニューイヤー駅伝のタイミングで読んだのも

良いタイミングでした。

 

読みどころは、「利益優先の企業への反骨心」

 

今年の10月期にドラマ化されることが決まったみたいので

今からかなり楽しみです。

2016 読書記録

こんばんは。

 

先日テレビで『ビリギャル』を見ましたが、
予想以上に面白かったです。

 

特に伊藤淳史演じる塾講師の坪田先生から
生徒の可能性を信じ続けることの大切さを教わりました。

 

「ダメな生徒などいない。ダメな指導者がいるだけです。」
「可能性があるって知っておくことって、すごく大事なの」

 

経営の神様と呼ばれた松下幸之助
人間には"無限の可能性"があるということを説いていました。

 

仕事ができない・遅い・失敗ばかりする人
その人はダメな人なのか?
いやいや、ダメと思ったらダメになってしまう。
その人には無限の可能性があるって信じること。
その意識を忘れないようにしたいものです。


今日は今年読んだ本を振り返り。
今年は年間60冊を目標としていましたが、
結果25冊。

 

途中、資格試験勉強で休止期間もあり
目標達成には至らなかったものの
昨年の3冊を大きく上回りました。

 

人生で一番読書した年ですね。

ブログで書けなかった本も含めて、一挙総ざらい。


・『戦略読書』by 三谷宏治

 → ビジネス書と非ビジネス書をバランス良く読むこと

・『しないことリスト』by pha

 → ブクログ通信「2016 年内に読んでおきたい!アカを落とす本8選

   に選ばれたようです。

・『天空の蜂』 by 東野圭吾

 → 映画化されましたね。非常に面白かった。

・『道をひらく』by 松下幸之助

・『仕事は楽しいかね?』by デイル・ドーテン

・『あたりまえだけどなかなかできない29歳からのルール』 by 村尾隆介

・『Excelのイライラ根こそぎ解消術』 by 長谷川裕行

・『君の膵臓を食べたい』 by 住野よる

 → 2016年間ベストセラー総合 第4位(日販調べ)

   2016年間ベストセラー単行本フィクション 第1位(日販調べ)

・『人を動かす』by D.カーネギー

 → ブログ記事あり

・『シンプルだけど重要なリーダーの仕事』 by 守屋智敬

・『仕事の教え方』 by 関根雅泰

・『夢幻花』 by 東野圭吾

 → 2016年間ベストセラー小説 第2位(日販調べ)

   じっくり考える推理小説。さすが東野圭吾

・『お金を稼ぐ!勉強法』by 藤井孝一

 → ブログ記事あり

・『ポジティブ・チェンジ』by DaiGo

 → ブログ記事あり

   作業興奮の原理!

・『自分を操る超集中力』 by DaiGo

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー単行本ビジネス 第6位(日販調べ)

・『小説 君の名は。』 by 新海誠

 → 2016年間ベストセラー文庫 第1位(日販調べ)

・『コンビニ人間』 by 村田沙耶香

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー総合 第8位(日販調べ)

   2016年間ベストセラー単行本フィクション 第3位(日販調べ)

・『30代にしておきたい17のこと』 by 本田健

・『応用情報技術者(2015)午後問題の重点対策』 by 小口達夫

・『応用情報・高度共通午前試験対策』 by アイテック

・『七つの会議』 by 池井戸潤

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー小説 第3位(日販調べ)

・『語彙力こそが教養である』 by 齋藤孝

・『コミュニティケア 15年11月号』 by 日本看護協会出版会

・『道は開ける』 by D.カーネギー

 → 非常に良かったのでブログ記事書きたかった。。

・『伝える力』 by 池上彰

 

来年こそは目指せ60冊!皆様来年もよろしくお願いいたします。

 

合格発表

2か月前に受験した「応用情報技術者試験」の合格発表が昨日あり、

合格しました!

 

合格率は21.4%でした。

夏休みやシルバーウィークや趣味などを我慢して

この試験にかけていたので、

発表の瞬間を見たときは嬉しくてガッツポーズでした。

 

試験から発表まで2か月と長く、

1週間前からはもっと長く体調も崩してしまいました。

発表があって翌今日は体調が良いので、精神的な部分も体調不良に影響してたんだなと思われます。

 

合格までの勉強法を記録しておきます。

使用した参考書は

2017 応用情報・高度共通 午前試験対策 (午前対策シリーズ)

2017 応用情報技術者 午後問題の重点対策 (午後試験対策)

平成29年度【春期】【秋期】応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

 

まずは午前対策

①の問題集を2周やりました。

解説が詳しいのですが、解説だけでは分からなかったところやキーワードをもう少し詳しく知りたいときには③を読みました。

過去問も含まれていますので、この中からいくつか同じ問題が出ました。

 

次に午後対策

②は自分が選択する予定の問題をやりましたが午前対策を優先させたため、

1周することもできませんでした。

午後試験は午前試験の延長+読解力勝負で、

過去と同じ問題が出ることもありませんので、

午前試験の勉強に力を入れました。

しかし午後試験の記述式の解答方法に慣れる必要があったため、

それぞれの選択問題のカテゴリの中で最低1問は解いておくようにしました。

 

IT用語を覚えるため、高校生以来ですが、

単語カードを作成しました。

最近はアプリで単語カードを作成できますが、

単語カードはアナログ派なので、手書きで作成しました。

このとき、英語の単語とは違うので、大きめの単語カードを使用して

用語の説明を文章で書くようにしました。

 

これに加えてアプリの「午前1問1答問題集」を使って

通勤時間など午前問題の補足勉強として行いました。

アプリで行えるので、書籍で問題解いているときに気分転換として

使用すると効果がありました。

1周はできませんでした。

 

後はモチベーション維持として「Studyplus」というアプリを使用して

勉強時間や勉強量を管理しました。

同じ資格試験を目指す方の勉強したログを見ることで、

自分も頑張ろうと思えました。

社会人になると周りがみんな勉強しているわけではないので、

モチベーション維持が最も困難です。

このアプリの中ではそのような人たちとゆるくつながることができるので

非常に良いアプリでした。

 

そして試験当日までのスケジューリング。

試験当日付近にピークをもっていく必要があるので、

始めから飛ばしすぎないようにしました。

平日は残業も多くまともに勉強できないので土日祝日にまとめてやりました。

勉強に費やした時間はおよそ100時間でした。

 

そして試験当日。

前述の単語カードを使用して最終確認。

この最終確認のときに覚えた用語が試験に出てきたときはやっていて良かったと思いました。

午前試験は分かる問題から、計算問題以外から解答していきました。

緊張していますので分かる問題から解くことで、ほぐれていくことが狙いです。

午後試験は選択問題です。

あらかじめ選択する分野は決めておくのですが、試験によって簡単/難しいがありますので、少し多めの選択分野を見て、どの問題を選択するかの判断が必要です。

 

そして試験は2時間半✖2という長時間の戦いで集中力が切れがちですが、

最後の1分1秒まであきらめない気持ちを持ち続けることに努めました。

 

正直、試験後は「落ちた」と思ったのですが、

最後まであきらめない気持ちが合格につながったようです。

 

今回の応用情報技術者試験情報処理技術者試験のスキルレベル3(1~4)に該当しますが、次は4月に実施されるスキルレベル4のプロジェクトマネージャ試験に挑戦したいと思います。