読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。絶望しかなかったこれまでから、希望に向かう30代。描くことができなかった30代。人生ここから始めよう。

【読書】『お金を稼ぐ!勉強法』 著 藤井孝一

 

  

amazon内容紹介より引用)

 

なぜ、同じ勉強をしても、稼げる人と稼げない人がいるのか――。

その違いは、「インプット重視」の勉強をしているか、「アウトプット重視」の勉強をしているかにあります。

勉強する“だけ”では、1円も稼げません。勉強したことをビジネスに生かして、初めてそこに人間、情報、そしてお金が集まってくるのです。

では、学んだことをビジネスにどう生かし、いかに稼ぎにつなげるか。本書は、そのための考え方、仕組み、ノウハウを徹底解説します。

ビジネスパーソン必読、社会人のための勉強法――決定版!

 

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂ 

 

これの単行本のほうを読みました。

 

 

お金を稼ぐ。決してギラギラした感じではなく、

「投資である以上、何が何でもそれを『回収』しなければなりません。」

「勉強しても、それで終わりではない。それを生かして稼がなければ、宝の持ち腐れだ。」

と言ったように、時間使ってお金使って勉強したんだから、それを生かそうよ、生かすべきだよって話。

その生かし方のコツが書いてあります。

 

アウトプットに重点を置くとかいろいろ書いてあった中で、

自分に一番役に立ちそうだったのが

「勉強は『広く浅く』を繰り返せ」…これだ!

どうも問題集など最初のページから順番に勉強しないと不安になって、

最初から始めるも結局時間が取れそうもなくしばらくしたら手をつけることすらできなくなって、結局挫折。ってパターンがあったので今度からはこの方法を取り入れてみたい。

 

またしばらくしたら自分の行動を振り返るために読んでみたい本。

さて、今後の自分、どう変わるかな。