TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。

2016 読書記録

こんばんは。

 

先日テレビで『ビリギャル』を見ましたが、
予想以上に面白かったです。

 

特に伊藤淳史演じる塾講師の坪田先生から
生徒の可能性を信じ続けることの大切さを教わりました。

 

「ダメな生徒などいない。ダメな指導者がいるだけです。」
「可能性があるって知っておくことって、すごく大事なの」

 

経営の神様と呼ばれた松下幸之助
人間には"無限の可能性"があるということを説いていました。

 

仕事ができない・遅い・失敗ばかりする人
その人はダメな人なのか?
いやいや、ダメと思ったらダメになってしまう。
その人には無限の可能性があるって信じること。
その意識を忘れないようにしたいものです。


今日は今年読んだ本を振り返り。
今年は年間60冊を目標としていましたが、
結果25冊。

 

途中、資格試験勉強で休止期間もあり
目標達成には至らなかったものの
昨年の3冊を大きく上回りました。

 

人生で一番読書した年ですね。

ブログで書けなかった本も含めて、一挙総ざらい。


・『戦略読書』by 三谷宏治

 → ビジネス書と非ビジネス書をバランス良く読むこと

・『しないことリスト』by pha

 → ブクログ通信「2016 年内に読んでおきたい!アカを落とす本8選

   に選ばれたようです。

・『天空の蜂』 by 東野圭吾

 → 映画化されましたね。非常に面白かった。

・『道をひらく』by 松下幸之助

・『仕事は楽しいかね?』by デイル・ドーテン

・『あたりまえだけどなかなかできない29歳からのルール』 by 村尾隆介

・『Excelのイライラ根こそぎ解消術』 by 長谷川裕行

・『君の膵臓を食べたい』 by 住野よる

 → 2016年間ベストセラー総合 第4位(日販調べ)

   2016年間ベストセラー単行本フィクション 第1位(日販調べ)

・『人を動かす』by D.カーネギー

 → ブログ記事あり

・『シンプルだけど重要なリーダーの仕事』 by 守屋智敬

・『仕事の教え方』 by 関根雅泰

・『夢幻花』 by 東野圭吾

 → 2016年間ベストセラー小説 第2位(日販調べ)

   じっくり考える推理小説。さすが東野圭吾

・『お金を稼ぐ!勉強法』by 藤井孝一

 → ブログ記事あり

・『ポジティブ・チェンジ』by DaiGo

 → ブログ記事あり

   作業興奮の原理!

・『自分を操る超集中力』 by DaiGo

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー単行本ビジネス 第6位(日販調べ)

・『小説 君の名は。』 by 新海誠

 → 2016年間ベストセラー文庫 第1位(日販調べ)

・『コンビニ人間』 by 村田沙耶香

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー総合 第8位(日販調べ)

   2016年間ベストセラー単行本フィクション 第3位(日販調べ)

・『30代にしておきたい17のこと』 by 本田健

・『応用情報技術者(2015)午後問題の重点対策』 by 小口達夫

・『応用情報・高度共通午前試験対策』 by アイテック

・『七つの会議』 by 池井戸潤

 → ブログ記事あり

   2016年間ベストセラー小説 第3位(日販調べ)

・『語彙力こそが教養である』 by 齋藤孝

・『コミュニティケア 15年11月号』 by 日本看護協会出版会

・『道は開ける』 by D.カーネギー

 → 非常に良かったのでブログ記事書きたかった。。

・『伝える力』 by 池上彰

 

来年こそは目指せ60冊!皆様来年もよろしくお願いいたします。