TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。

【読書】『マスカレード・ナイト』 著 東野圭吾

ようやく資格試験も終わったので、

久々に書籍レビューとまいりましょう。

 

1発目は9/15発売の東野圭吾さん最新作、

そしてマスカレードシリーズの第三弾、

『マスカレード・ナイト』です。

 

マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

 

 

amazon内容紹介より引用)

 

累計265万部突破 「マスカレード」シリーズ最新作

若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

新田刑事と山岸尚美のコンビが戻ってきた!

そう思われた方も多いのではないでしょうか。

このシリーズは二人の軽快な会話のやり取りが魅力であり、

またその周辺のキャラクターが個性的で、

仮面をかぶったお客様がたくさんいたり、

ホテルのおもてなしがあったり、

非常に読んでいて楽しめる、

そして読みだしたら止まらない、

そんなシリーズです。

 

最新作もまさにその期待を裏切らない、非常に楽しめる作品でした。

 

今回は警視庁に密告状が届きます。

大晦日のカウントダウンに行われるホテル「コルテシア東京」の

仮装パーティに犯人が現れる、これが密告状の中身です。

 

となればもうお分かり、第一弾と同じく新田刑事が潜入捜査官として

選ばれまたホテルのフロントクラークとして立ち振る舞うわけです。

この時点でわくわくしてしまいますね。

この先は秘密です。本を読んで楽しんでください。

密告者はなぜこのような密告という方法を取ったのか、

そして犯人は?

本編を読んで是非楽しんでくださいね。