TWENTIES NO OWARI

「SEKAI NO OWARI」のバンド名には「世界の終わりだなと思ったとき、ここから始めよう終わりから始めよう」というポジティブな意味が込められています。「TWENTIES NO OWARI」・・・トゥエンティーエズの終わりは20代の終わり、つまり30歳になるここから始めようという意味を込めました。

【読書】『ホワイトラビット』 著 伊坂幸太郎

久々の伊坂作品読みました。

amazon内容紹介に惹かれたのがきっかけです。

 

ホワイトラビット

ホワイトラビット

 

 (amazon内容紹介より引用)

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX! あの泥棒も登場します。

✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂

 

まさに「楽しさを追求した」作品でした。

籠城ミステリー、人質立てこもり事件なんですが、

お堅い感じではなく、おもしろおかしく軽い感じのお話です。

こんなことあったらおもしろいなっていうのを想像して書いた作品なんでしょうが

伊坂さんの頭の中どうなってんの!?とその想像力に感心しきりでした。

凡人には考えもつかないような展開を見せます。

著者が書きながら自分自身楽しんでるのが伝わってきます。

やっぱり楽しんで書いた作品は、読んでる読者にも伝わるし楽しいですね。